よく耳にする酵素って何?

巷で話題になっている酵素ダイエットなどから、
酵素って痩せる薬みたいに思われている方はいませんか?
確かに、ダイエットに酵素は必要です。
しかし、本来酵素とは、生物が生きるために必要な物質なのです。
酵素というのはタンパク質の一種で、消化や代謝に関わる物質です。
人間はもちろん、あらゆる動植物が生命を維持するために体内で生成しており、
数千種類の酵素が発見されています。

私たちは毎日食事をします。排泄もします。
歩く、走る、心臓を動かすなど、エネルギーを消費します。
その全てに酵素は関係しています。
何と酵素はDNAの合成にも必要な物質ですから、
生命にとっていかに重要であるかはお分かりいただけると思います。

人間が体内で作り出す酵素には二種類あります。
一つは、消化酵素といい食物の消化、吸収をするためのものです。
二つめは代謝酵素で、身体の正常な働きのために栄養をエネルギーに変えたり、
免疫をつくるなどの働きがあります。
この二つを合わせて潜在酵素といい、
人が一生で作り出せる潜在酵素には上限があるとも言われています。

潜在酵素とは別に、食物酵素というものもあります。
これは生野菜や生の果物、生の肉や魚に含まれており、別の生物が作り出した酵素です。
また、発酵食品に含まれる酵素は、主に植物の酵素です。

酵素はタンパク質の一種で、熱や酸に弱い性質を持ちます。
前述の食物酵素が「生」のものに含まれるのは、
加熱した食品は酵素の中にあるたんぱく質が変性し、働きがなくなってしまうためなのです。
また酵素は酸にも弱いので、体内に取り込まれた食物酵素はこちらも胃酸で変性してしまいます。

BBX 空腹感を感じにくくする